パーキンソン病 四大症状 ふるえ 筋肉

パーキンソン病の四大症状って何?ふるえが起こるのは筋肉の異常?

パーキンソン病になると手足がふるえたり、動きがゆっくりなったとしても、その筋肉そのものには異常はありません。
パーキンソン病は運動をコントロールする脳の働きに異常が起こる病気です。

 

それではパーキンソン病の“ふるえ”とはどのような状態の震えなのでしょうか?
ここでパーキンソン病の“ふるえ”を含め、特徴的な4つの大きな症状を見ていきましょう。

スポンサーリンク

パーキンソン病の4大症状!

パーキンソン病は

  1. 振戦(ふるえ)
  2. 筋固縮(筋肉のこわばり)
  3. 無動、寡動(動きがゆっくりになる)
  4. 姿勢反射障害

 

があります。

 

1.振戦(ふるえ)
パーキンソン病に見られる“ふるえ”は「振戦(しんせん)」とよばれ、最初、片方の上肢に発症することが多く、その後、発症した同じ側の下肢、反対側の上肢、下肢と進むことが多いとされています。

 

特に手の状態が特徴的で、指のつけ根がぐっと曲がり、指は反り返るようにまっすぐになります。
親指が内側にまわりこみ、そのままふるえるため、指先で物を丸めるような動きにみえることから、ピル・ローリング(丸薬まるめ運動)と呼ばれます。

 

また、眠っている時はふるえは止まっているのですが、目が覚めるとふるえ始め、
横になってもふるえている状態があります。
何もしていない時にふるえるのがパーキンソン病の特徴です。
自分では気づかず、他の人から指摘されることで気づくことが多いです。

スポンサーリンク

2.筋固縮(筋肉のこわばり)
筋固縮とは無意識のうちに筋肉がこわばり、力を抜こうとしても抜けなくなる症状です。
自分でスムーズに動かせなくなるだけでなく、お医者さんが患者さんの腕を動かそうとすると、「ガクガク」っとして抵抗を感じます。

 

3.無動、寡動(動きがゆっくりになる)
無動、寡動(かどう)とは、動作が緩慢になって俊敏な動きができなくなって何をするにものろのろと時間がかかってしまう状態をいいます。

 

ちょっとした動作が少なくなるだけでなく、動きの一つ一つが非常にゆっくりとなり、動いている途中で止まったりします。

 

さらに、ひとたびじっとしている状態になると、何時間でもそのまま身じろぎもせずに同じ姿勢のままになります。

 

また、無動は全身の筋肉に起こるため、いろいろな形で変化を引き起こします。
表情の変化が乏しくなる、字を書いているうちにだんだん文字が小さくなる、といったことも起こるようになります。
他には呼吸や発生で使う筋肉も動きが悪くなるため、声が小さくなったり、把握地yで話すようになることがあります。

 

無動は自覚しにくく、最初のうちは
「なんとなく体が重いけど、年のせいだろう」と考える人がほとんどのようです。

 

4.姿勢反射障害
姿勢反射障害とは、身体が傾きかけたときに瞬間的に筋肉を動かして元通りにバランスをとることが出来なくなる症状です。
パーキンソン病になると、この姿勢反射(姿勢保持)がスムーズにできなくなり、
立っている時に押されたりすると、反射的に姿勢を立て直すことが出来ず、よろけて倒れやすくなります。
そのため、転倒しやすくなり、思わぬ怪我をする可能性があります。

スポンサーリンク