パーキンソン病 歩き方 転倒

転倒に注意!パーキンソン病の歩き方で気を付けることは?

パーキンソン病の特徴的な症状の一つに歩行障害があります。
パーキンソン病の患者さんの場合、立っている時は背中を丸めて、膝を曲げ、前かがみになって歩きます。
しかも最初の一歩が出しにくく、すくみ足になります。

スポンサーリンク

そして歩き出すと手をあまり振らず、ちょこちょこと小刻み歩く小刻み歩行が見られます。
さらにいったん歩き出すと今度は止まったり、方向転換をすることが出来ず、場合によっては小走りになって突進したりする突進歩行が現れます。

 

歩き出して止まれないってとても大変ですね。
壁にぶつかってしまったりケガにも気を付けないといけません。

 

また、パーキンソン病の方の場合、初期にはあまり現れないのですが、病気の状態が進行すると、姿勢反射障害が目立つようになってきます。

 

例えば、ちょっと押された場合や、何かにぶつかった場合に棒のように倒れてしまいます。
普通は手を動かすなどしてバランスをとりますが、パーキンソン病の患者さんの場合、それが出来なくなるのです。

 

これらのことから、パーキンソン病の患者さんの場合とても転倒しやすいことがわかります。
しかし、転倒するのも「ちょっと転んだ」ぐらいの感じであれば、あまり気にしなくてもいいのではないか?と考えられる人もいます。

 

普通、子供や若い人においてはちょっと転んだぐらいでは大事には至らないですね。
でも、パーキンソン病の患者さんの発症年齢は、高齢者に多く見られます。

 

そして、高齢者は骨粗鬆症なども患っている場合が多く、ちょっと転んだぐらいの事でも、しりもちをついたりしただけで、脊椎圧迫骨折股関節の骨折などといった大ケガにもつながってしまいます。

 

そうなると、今後の生活にとても支障が出てしまいます。
手術をしたりベッドでの入院生活をすることから痴呆が進んでしまう可能性まであるのです。

 

もちろん、筋力低下も考えられますから寝たきりになってしまうかもしれません。
そうならないようにするためにも転倒には注意しなければならないのです。

 

そこで、パーキンソン病の方が歩く際に注意する点を挙げてみます。

スポンサーリンク

パーキンソン病の方が歩くときの注意する点

パーキンソン病の患者さんは平地ではとてもすくみ足などになって最初が歩きだしにくいです。
しかし、階段などの場合、すたすたと歩ける場合があります。

 

これは、階段などは目で見ることで、右足、左足とテンポよく足を出すことを意識することで歩けるようです。
ですから、平地でもリズムをとって1、2。1、2。といった感じでリズムをとりながら歩くことを意識しましょう。

 

歩くときは前かがみになりがちなので、どうしてもつま先重心で歩いてしまいがちです。
出来るだけ、胸を張って歩くときは足の踵から歩くようにしましょう。

 

歩くときには手すりもしくは壁でもいいので手で軽く支えながら歩きましょう。

 

慌ててしまうと、身体が動かしにくくなってしまうので、慌てないように落ち着いて行動しましょう。
なかなか難しいですが、意識してやることが大切ですね。

 

自宅内ではスリッパや靴下はつまずきやすかったり、滑りやすい為、転倒の恐れがありますので出来るなら履かないようにしましょう。
また、廊下などにマットなどを敷いている場合、滑って転倒してしまう恐れがありますので、必ず滑り止めを用いた上にマットを敷くか、あらかじめ敷かないようにしましょう。

 

荷物などを抱えて歩く場合、バランスをとりにくく転倒する恐れがあります。
出来るならば、家の人や、ヘルパーさんを頼り、手伝ってもらいましょう。

 

以上の歩き方や注意する点を意識して転倒しないように、心がけましょう。

スポンサーリンク