パーキンソン病 リハビリ ガイドライン

パーキンソン病のガイドラインに基づいたリハビリって何?

パーキンソン病のリハビリテ―ションは、運動機能の回復や維持のため、また、脳や精神面の活性化のためにも、パーキンソン病の療法としてリハビリテーションの重要性が注目されるようになっています。

 

そして、生活をするのに必要な様々な動作が不自由になっていくパーキンソン病の患者さんの日常を支え、改善していくための療法です。スポンサーリンク

もちろん、リハビリだけでパーキンソン病を克服することはできませんが、お医者さんはお薬を処方し、筋肉のこわばりやふるえを抑えて患者さんが動きやすい状態を作り出すことはできます。
しかし、お薬だけを飲んでいても患者さん自身の筋肉を鍛えることはできません。

 

つまり、パーキンソン病の治療というのは、常に瀬お医者さんと患者さんとの共同作業で治していくのです。
ここで、リハビリを行うにあたり、パーキンソン病の理学療法ガイドラインについてみてみましょう。

スポンサーリンク

パーキンソン病の理学療法診療ガイドライン

理学療法診療ガイドラインには、パーキンソン病について次のものがあります。

  1. 理学療法全般(複合的運動)
  2. トレッドミル歩行
  3. 筋力増強運動
  4. バランス運動
  5. 全身運動
  6. ホームプログラム(在宅運動療法)
  7. 間隔刺激(嗅覚、視覚、触覚、cueなどを使うリハビリ)
  8. 太極拳・ダンス(タンゴ・ワルツなど)

 

ここで、太極拳やダンスといったものが入っていることが意外ですが、実際のリハビリでは主に1の理学療法全般の複合運動を基準にして身体を動かしていきます。

 

そこで、患者さんの生活のどこの部分を改善していった方が良いのか、何のためにリハビリを行うのかといった目標を決めていきます。

 

そしてその目標と患者さんの姿勢やバランスなどの状態を把握したうえでリハビリをプログラムしていきます。
また、ガイドラインの中の一つにトレッドミル歩行というものがありますが、トレーニングジムなどにあるような流れるベルトの上を歩行するリハビリになります。

 

パーキンソン病のリハビリの中でお勧めの運動ですね。

 

パーキンソン病のリハビリテーションで大切なことは、患者さんの運動能力を維持させ、日常生活を出来るだけ自分の力で過ごせるようにすることです。

 

特にパーキンソン病は長期にわたり治療が必要になりますので、一生懸命に運動を頑張りすぎるというよりは、無理をしないよう継続的に平均20〜30分の運動を週に3回以上行っていくことが大事になります。

 

また、運動する時には水分をこまめに摂ること大切です。
運動する環境の温度にも気を配りましょう。

 

暑いと脱水症状を引き起こしやすくなりますし、寒いと身体が動きずらいので怪我をしやすいです。
パーキンソン病の場合、発熱や急激な症状変化によって悪性症候群になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

リハビリと聞くと何かしっかり運動夫しなきゃということを思われる方もおられるかもしれませんが、パーキンソン病は日常生活の動作1つひとつがリハビリになります。
自分の身の回りのことを出来る範囲で自分で行い、運動能力の低下を防いでいきましょう。

スポンサーリンク