パーキンソン病 リハビリ 作業療法

パーキンソン病のリハビリの作業療法について

パーキンソン病は筋肉のこわばりやふるえといった症状が出てきますが、お薬を服用することでその症状を抑えて患者さんが動きやすい状態を作り出すことが出来ます。
しかし、症状を抑え込むことが出来ても、お薬だけで筋肉を鍛えるということはできません。

 

そこで、運動機能の回復や維持と脳や精神面の活性化のためにも、パーキンソン病の治療法としてリハビリテーションが重要になってきます。
リハビリテーションには運動療法・作業療法・言語療法・嚥下訓練・呼吸訓練・装具・補装具などがあります。
この中で、今回は作業療法についてみていきましょう。

スポンサーリンク

パーキンソン病の作業療法についてですが、運動療法が、筋力、関節の可動域、身体のバランスなど、身体を動かす基礎となる要素を強化することが主な目的であるのに対して、作業療法はその体を使って日常生活に役立つ動きが出来るようにしていくことが主な目的になります。

 

パーキンソン病の患者さんでは、手の細かな動きや寝返り動作、起き上がり動作などの訓練が重点的に行われます。

 

これらは医療機関や施設の訓練室で行うだけでなく、実際に患者さんの自宅で生活上困っている動作を中心に行うことも重要になります。

スポンサーリンク

例えば食事に関していえば、自分で食事をとることは生活をする上でとても大切なことです。
食事をとりやすいように工夫したスプーンやフォークといった自助具を使ったり、縁が広くて手がかけやすい食器などを利用しましょう。

 

パーキンソン病になると今まで自分で出来ていたことが出来なくなりますが、食事においては自助具などを使うことで、自分で食事をすることが出来るため、患者さんの自信にもつながりメンタル面にも良い結果が生じます。
作業療法のリハビリはパーキンソン病を治すことはできません。
しかし、作業療法のリハビリをすることによって、自分で身体を動かし自分で出来るといった期間を長くする効果があります。

 

症状が軽い状態から作業療法のリハビリをしっかり取り組むことで患者さんご自身の日常生活に必要な動きを長くできるようにしていきましょう。

スポンサーリンク