パーキンソン病 原因 食べ物

パーキンソン病の発症の原因に食べ物が関係あるの?

パーキンソン病は、脳や末梢自律神経系の神経細胞や神経線維が何らかの理由で変性して様々な運動症状や非運動症状が出現する病気です。

 

脳の「黒質」という部分の神経細胞が変性することで、黒質で作られる神経伝達物質のドパミンの量が減ってしまい運動症状が出てきます。

スポンサーリンク

運動症状にはパーキンソン病の中で4大症状といわれるの特徴に振戦(ふるえ)、筋固縮(こわばり)、無動・寡動(動作緩慢)、姿勢反射・歩行障害があります。

 

そもそもなぜ脳の神経細胞の一部が変性してしまうのでしょうか?
実際に、なぜ黒質の神経細胞が変性や脱落してしまうのかについてはまだ解明されていませんが、「レビー小体」といわれる特殊なタンパク質が関係しているということが分かってきました。

 

レビー小体とは、α‐シヌクレインというアミノ酸が凝集してできたものです。
このα‐シヌクレインの凝集過程でα‐シヌクレインオリゴマーなどが細胞障害に働くのではないかと考えられています。

 

また、パーキンソン病の発症の原因に食べ物が関係あるのではないか?といわれることがありますが、ある食べ物が発症の原因になっているということはありません。

 

しかし、病気の原因や発生の関連について調べる疫学調査においてパーキンソン病の発症リスクを増加させるものがあるのではないかと調べる中で、次の物が挙がってきました。

スポンサーリンク

パーキンソン病の発症リスクを増加させる食べ物とは?

パーキンソン病の発症リスクを増加させる食べ物には

  • 砂糖
  • 除草剤や殺虫剤などの残留した食品
  • 乳製品など動物性脂肪
  • 重金属(アルミニウムなど)を含む飲料水

などが挙げられる。

 

これらの食品を常日頃から大量摂取することでパーキンソン病の発症リスクを高めてしまいます。

 

これらの食べ物を大量摂取することにより、身体の中で酸素が酸化して「活性酸素」を作り出します。
この活性酸素こそ病気を引き起こす原因となりパーキンソン病に限らず様々な病気にもなりやすくなります。

 

しかし、これら全部を全く食べないようにすることは難しいですね。
出来るだけ摂らないようにして行きたいですが、どうしても摂ってしまう場合には「活性酸素」に対し抗酸化作用のある食材を心がけて摂るようにしていきましょう。

 

抗酸化さようのある食材には

  • トマト
  • キウイ
  • ブロッコリースプラウト
  • 赤ピーマン
  • パパイヤ
  • 大豆製品
  • ゴマ
  • 海藻

などがあります。

スポンサーリンク